ミケのお墓参り

20101121_blog3_s.jpg
公園に行った後、ミケの墓参りに行きました。
ミケに会って坂道を下ると深大寺。

紅葉を見る人、撮る人で賑わっていて、
私はそんな人たちを見るのが好き^^


20101121_blog2_s.jpg
ミケは去年の12月のはじめ出会った仔です。
出会ったというのは少し違うかもしれません。
私は生前のミケに会ったことが無いからです。
私が路上に倒れているミケを見つけた時、彼女の身体には
もう魂は宿っていませんでした。
まだ小さい3ヶ月ほどの仔猫。
雨が降ってきたので、このままではいけないと
大急ぎで家に戻り、ダンボールの箱とバスタオルを持って
その場に戻り、ミケをくるんで車に乗せました。

そしてどうしようかといろいろと考えましたが、住宅地では
埋めることもままならないし、このままではあまりにかわいそうで
せめて自分がきちんと見送ってあげようと
深大寺の動物霊園に連れて行き荼毘に付しました。
「ミケ」という名前はその時に付けました。

ミケはまだ小さい仔だったので、もしかしたら母猫は自分の子供を
探していたのかもしれません。
ミケを抱きかかえた時、母猫がいないか探しましたがその時にはいませんでした。
お母さん猫に会わせてあげることができなかった・・・それだけが心残り。

だから、その動物霊園にこの仔の魂がいることは私しか知らない。
ならば私が忘れずにここに来てあげなければ、ミケはひとりで寂しい思いをするでしょう。

だから、時間がある時にはここに来ます。
生きては出会えなかったけれど、
ミケを抱えながら見上げた紅葉のことは忘れません。
スポンサーサイト
テーマ :
ジャンル : ペット

Tag:いのちのこと  Trackback:0 comment:8 

Comment

ノンママ URL
#- 2010.11.25 Thu00:30
ミケちゃん、私も忘れないね。
ありがとう、ゆうたんさん。
ゆうたんさんの温もりは忘れないでしょう。
私にもそんなことができるかな・・・。
私もそうしてあげたいです。
温かいお話しでした。
aqua URL
#yl2HcnkM Edit  2010.11.25 Thu23:16
ゆうたんさん、ありがとう。
ありがとう・・・。
ゆうたん@ URL|Re: タイトルなし
#4CvheNDY Edit  2010.11.27 Sat13:48
>ノンママさん^^

こちらこそ、ありがとうございます^^
1人でもあのコが生きていたことを覚えていてくれたら
私もとても嬉しい。
あのコは抱きかかえた時、仔猫のふわふわした体のせいか
冷たさはまったく感じませんでした。

ノンママさんは、3ニャンを救ったじゃないですか。
まいこちゃんをセンターから救出し、
3ニャンのFeLVを克服し、ノンママさんのなさったこと
に比べたら、私のしたことはほんのちょっとです。
できたら、生きているうちにミケに会いたかったです。
ゆうたん@ URL|Re: タイトルなし
#4CvheNDY Edit  2010.11.27 Sat13:54
>aquaさん^^

こんにちは^^ お元気そうで良かったです。
こちらこそ、ありがとうございます。
少しでもあのコが生きていたことを知ってくれる人が
いてくれるのが嬉しいです。

今でも、ミケが倒れていた場所を通るたび、
そして寒い季節が近づくにつれ、
あのコのことを考えます。
少しでも早く通りかかったら
あのコにまだ息があったら。

少しでもこんな悲しいことがなくなりますように。
pee URL
#DWgh5vZM Edit  2010.11.27 Sat23:10
ミケちゃん、短い猫生だったけれど
ゆうたんさんに見つけてもらって
天国へ届けてもらってよかったです。
私にも忘れられない子達がいます。
沢山の外猫さんと出会う分、悲しい思いも
多くなるし、自分の無力を感じます。

紅葉の時期になったら、私もミケちゃんのことを思い
手を合わせたいと思います。
ゆうたん@ URL|Re: タイトルなし
#4CvheNDY Edit  2010.11.28 Sun10:32
>peeさん^^

peeさん、ありがとうございます。
そうですよね、peeさんのようにお外の猫さんを中心に撮影していると
そういう悲しい現場に遭遇することも多いのは想像にかたくありません。
ウチの近くはあまり猫さんが多くありませんが、それでもこのような
ことがあるのですから。
無力感・・・私もそれをしょっちゅう感じます。
事故だけじゃない、これからの冬、寒い中で失われる命、
明日、センターでまた失われるたくさんの命。

> 紅葉の時期になったら、私もミケちゃんのことを思い
> 手を合わせたいと思います。

ありがとうございます。本当にありがとうございます。
peeさんの心に何かを残してくれたら
ミケも生まれてきた意味があると思います^^。

鈴* URL
#- 2010.11.28 Sun14:59
三毛さん、今頃お空の上で
ありがとうって言っていると思います。
こういう出来事は、
つらいですねえ、、辛いというより、
そう、自分の無力さを思い知らされます。

私もここのとこ、そういう出来事が多くって
なんだか気持ちが晴れません。
もう冷たくなっている子はあきらめもつくのですが
弱っているこをみつけた時、
何もしてあげられない自分にいらだちを感じます。

ここは田舎で猫達も多く
そういう場面によく出くわします。
全員病院に連れて行けるかというと
それも無理があり、
かといってこの子は病院に連れてったけど
このこは連れて行かなかったというのも嫌で、、
(私の気持ちの問題ですが、、)
辛いですね、、。
あ、、ついつい愚痴っちゃってごめんなさい!
お外で暮らす猫達をみていると
いろんな事を考えちゃいます。
ゆうたん@ URL|Re: タイトルなし
#4CvheNDY Edit  2010.11.28 Sun18:10
>鈴*さん^^

ありがとうございます!
実は先日の鈴*さんの「仔猫を撮るのがつらくなってきた」というつぶやき
を読んで、ちょうどミケのお墓参りに行こうと思っていた時だったので、
「あぁ、同じだ」って思っていたのです。
まさしく鈴*さんがおっしゃるとおりで、
たくさんのコがいれば1頭1頭、病院に連れていくこともままならなくなるし
選ぶこともできないというお気持ちも痛いほど分かります。
ウチの周りは、なぜか犬はいるけど猫さんがあまりいなくて、
だからまだこういうことができたのだと思います。

これからの季節、お外の猫さんのことを考えるのがまた一段と
つらくなってきます。

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
☆彡My Profile

ゆうたん@

Author:ゆうたん@
同居猫メインクーンの「おたま」をこよなく愛する会社員。
週末、街の猫さんの写真を撮って歩いています^^
☆彡街猫写真blog
「陽の光 街の灯り 猫の瞳」

※当BLOG内の写真・文章の無断使用&転載は固くお断りします
-同居猫「おたま」について-
2歳になる直前の2007年11月23日に我が家の同居猫となる。
おたまの生い立ちと私との出会いについてはこちら。

☆彡Photo Exhibition
写真展詳細は画像をクリックして下さい。
☆彡おうちを探しているコたち
☆彡Link
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR