Nさんの卒業♪

20100901_blog1.jpg
(下地窓に掛かっているのは、訶梨勒(かりろく)です)

久々にお茶関連記事です。

8/29は久しぶりのお茶の稽古でした。
本来は8月いっぱいは夏休みで稽古は無いのですが、今年はちょっと事情があり
先週から稽古が始まりました(先週はワタクシ、稽古をサボりました^^;)

どうして今年は8月に稽古があったかというと・・・

今年の5月から当教場にいらっしゃるようになったNさん。
今回の稽古を最後に東京を離れます。
そして、なんと、イギリスに嫁がれるのです

もともと私と同じ会社の後輩でもある彼女。
直接の知り合いではありませんでしたが、4月に開催した「茶道体験イベント」
に参加していただき、5月から期間限定で習いに来てくれました。

目標は、イギリスに発つまでに薄茶の平点前を習得すること!

5月は足取りや座る時に引く足が普通の洋間での歩き方・引き方だったのが、
9月を目前にして、随分と雰囲気が変わりました^^。

20100901_blog2.jpg
そしてこの雰囲気^^
(向こうで点前を見ているのは師匠です)

平点前の稽古を一通り終えましたが、この日は最後ということでとにかく盛りだくさん!
みんなで最後は茶花の稽古です。

20100901_blog3.jpg

師匠が集めてきた花、花、花。
よくこれだけ集めてきたものだと感心しました。

茶花の基礎をお話して、みんなで花入れに入れては師匠に見てもらい
直してもらう・・・ということを繰り返しました。

20100901_blog4.jpg

夜の8時過ぎまでやっていたかなぁ。
稽古が終わっても、みんなで記念撮影をしたり、
プレゼントを渡したり・・・と新しい門出をみんなで祝福しました^^。

Nさん。

5月から4ヶ月、
よく頑張りました^^

イギリスに行っても。
日本には世界に誇れる「茶道」(tea ceremony)があるということ、
皆さんに教えてあげてね^^

スポンサーサイト
テーマ : 茶道
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:お茶のこと  Trackback:0 comment:7 

Comment

pee URL
#DWgh5vZM Edit  2010.09.02 Thu22:58
引き方という言葉、初めて知りました。
お茶の心得がない私ですが、写真見てるだけで
身が引き締まります!
お花の活け方も、おしとやか。
シンプルな雰囲気が好きです^^
お嫁に行く前にお茶を習うなんて、それだけで
素敵な女性なんだろうなぁって…^^
私も頑張ろうーー!
女らしく…女らしく…まずは呪文から(笑)
葉摘み URL|
#- 2010.09.03 Fri01:16
ありがとうございました。無事復旧することが出来ました。
すんごく感謝です!

ステキな花が宗全籠に入ってますねぇ。
他流は手からはみ出してもいいんですが、内側にとどめるのが大日本茶道学会ですよね。
そのほうが難しいなぁといつも思ってました。

イギリスでもお茶を続けてくれるとはうれしいですね。
aqua URL
#- 2010.09.03 Fri15:43
そんな素敵な日本の心と姿を身にまとったNさんが、
海外にお嫁入り。
何だか誇らしい様な、嬉しい様心持ちなりますね。
Nさん、どうぞお幸せに*・。,*

茶花も、とても素敵ですね・・・。
 |管理人のみ閲覧できます
# 2010.09.04 Sat00:25
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ゆうたん@ URL|Re: タイトルなし
#4CvheNDY Edit  2010.09.04 Sat09:23
>peeさん^^

足の引き方・・・という決まった言葉は無いんですが、
よく座る時の所作で使う言葉です。peeさんのコメントを拝見して
「そっか、引き方という決まった言葉はないな~」と
改めて思った次第です(^^ゞ

畳に座る時、腰を落としながらいきなり足を引くのではなく
腰を落としていって、足がガマンできなくなったらその分
足を後ろに引いていくと所作がキレイですよ・・・と指導しております^^

> 女らしく…女らしく…まずは呪文から(笑)

一応、茶の道の半ばに佇んでいる私ですが
とても「女らしい」とは言えません^^;
私も自分に言い聞かせなくては~。
ゆうたん@ URL|Re: タイトルなし
#- 2010.09.04 Sat09:28
>葉摘みサマ

いえいえいえいえ。
あんな不親切なコメントだけで、あっさり復旧される葉摘みサマ、
さすがでございますよ^^

> ステキな花が宗全籠に入ってますねぇ。
> 他流は手からはみ出してもいいんですが、内側にとどめるのが大日本茶道学会ですよね。

そうなんですか~。
他流さんは手をきってもよろしいんですね。
私のように他流さんの茶花を見る機会が無いと
そういう違いも存じません・・・。
葉摘みサマはさまざまな流派の型や決め事を、よく研究し、整理し、理解されていますね。
いつもすごいなぁと感心してしまいます。

> イギリスでもお茶を続けてくれるとはうれしいですね。

茶道入門ハンドブックというのを師匠がプレゼントしました。
稽古として続けられなくなっても、その心を持ち続けてくれたら本当に嬉しいです。
ゆうたん@ URL|Re: タイトルなし
#4CvheNDY Edit  2010.09.04 Sat09:33
>aquaさん

ラファくん、開いてますか(笑)?
ウチは・・・きっちり開いています^^;

> そんな素敵な日本の心と姿を身にまとったNさんが、

Nさんは女性の私から言うのも変ですが、
本当に可愛らしい方なんです。
母なんて「こんな可愛いコをひとりでイギリスに旅立たせるのは心配」
と嫁がせる母の気持ちになっています(笑)

でも、今回も「お点前をしっかり覚える」という目標をもって
通い続けてくれたNさん。
これからもきっと素敵な人生を歩んでくれる・・・と私は思っています。

茶花は難しいです^^;
いじくり続けているとどんどん格好が悪くなっていってしまいます。
もっと「さっ」と花が入れられるようになりたいものです。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
☆彡My Profile

ゆうたん@

Author:ゆうたん@
同居猫メインクーンの「おたま」をこよなく愛する会社員。
週末、街の猫さんの写真を撮って歩いています^^
☆彡街猫写真blog
「陽の光 街の灯り 猫の瞳」

※当BLOG内の写真・文章の無断使用&転載は固くお断りします
-同居猫「おたま」について-
2歳になる直前の2007年11月23日に我が家の同居猫となる。
おたまの生い立ちと私との出会いについてはこちら。

☆彡Photo Exhibition
写真展詳細は画像をクリックして下さい。
☆彡おうちを探しているコたち
☆彡Link
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR