2017年1月22日

IMGP5405_2.jpg

最近、同じような写真ばっかりでごめんなさい^^;
今はおたまの表情を記録していきたい気持ちで撮っていることが多いので。

おたまの背後にある箱の中には補液パックが入っています。
毎朝、おたまには50ccの皮下輸液をしているのです。
これは膵炎の治療の一環なのですが(膵炎もまだ治癒していないので)、
もうひとつの病気治療にも間接的に良い効果を出してくれていると思います。
はじめはおたまの皮膚に針を刺すのが怖かったのですが、
今はそんなこと言ってられん^^;

おたまのかかりつけの先生は、
他の膵炎や腎不全などの病気と闘病している猫さんの飼い主さんにも
皮下輸液を自宅ですることを推奨されています。
猫さんにとって病院に行くのはとてもストレスになるし、
あと、病院に行って点滴してもらうより経済的にも助かります^^


☆彡街猫ブログ「陽の光 街の灯り 猫の瞳」もよろしくお願いします^^
スポンサーサイト
テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

Tag:おたまのこと  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
☆彡My Profile

ゆうたん@

Author:ゆうたん@
同居猫メインクーンの「おたま」をこよなく愛する会社員。
週末、街の猫さんの写真を撮って歩いています^^
☆彡街猫写真blog
「陽の光 街の灯り 猫の瞳」

※当BLOG内の写真・文章の無断使用&転載は固くお断りします
-同居猫「おたま」について-
2歳になる直前の2007年11月23日に我が家の同居猫となる。
おたまの生い立ちと私との出会いについてはこちら。

☆彡Photo Exhibition
写真展詳細は画像をクリックして下さい。
☆彡おうちを探しているコたち
☆彡Link
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR