加藤一二三さん

昨日だったか、おとといだったか、こんな報道がありました。

野良猫餌付け 将棋の加藤九段に中止などを命じる判決

私はTVでの報道を見て知りました・・・が、正直がっくりきました。

加藤さんのことを完全に猫を偏愛する変人か悪者扱い。
私も詳細な記事を読んだりするまでブログに意見を書こうとは思わなかったんですが、
あまりにも報道に悪意を感じてしまいました。

加藤さんはたしかに一時期は猫をたくさん餌付けによって集めていました。
しかし、それは無責任は餌やりではなく、TNR(Trap Neuter Return)もきちんと行い今来ている猫は2頭程度だとか。
もしも、加藤さんに非があるとすれば、苦情が寄せられた時に、とことん話合いをしなかったということでしょうか。しかし、それも加藤さん側だけを非難するのでは片手落ちです。
その地域に集まる猫について本当に解決したい!と住民が思うのであればお互いにきちんと話合い「地域猫活動」に協力することでここまで裁判に持ち込むことはなかったのではないかと思うのです。

これらの住民の性急な動き、そして一方的な報道の仕方・・・。
これでは、各地で「地域猫活動」に取り組んでいらっしゃる方々の努力が報われません。

地域猫活動について知って下さい

ま、こんな優等生な書き方も正直イヤなんですけどね^^;。

だって猫を守ってあげたいと思うことがそんなにいけないことなんですか?

20100514_blog1.jpg


ネコはリビアヤマネコがヒトに飼育されるようになってから
(敢えて飼育という言葉を書きますが)
人間とともに生きてきました。
なのに、自分たちの都合で猫をを放り出したのは人間です。
それでも彼らは持ち前の身体能力と本能を駆使し今まで立派に生き抜いてきたのです。

猫がキライなら可愛がってなんて言いません。
でも、彼らの今の状態を作り出したのは人間です。
愛せないならせめて、彼らの存在を否定しないでほしいと思います。

あああ、いけませんね。ちょっとアツクなりました^^;
スポンサーサイト

Tag:いのちのこと  Trackback:0 comment:2 

Comment

ノンママ URL|NoTitle
#- 2010.05.17 Mon03:44
ゆうたんさんありがとう!!!
私の代弁をしてくださったようで、
スッキリです。
でも・・・多くの人に知ってほしいですよね!
地域猫のこと。TNRのこと。
どれだけこの活動が大事かということと、
意味のあることを。。。
人間だけで暮らしている訳ではありません。
動物と共存できてこそ、豊かな日本です。
命に大、小、はありません。
差別するなんて、動物愛護精神が全くない!
そんな人間こそ心の乏しい人たちです。
(裁判官も!)
日本は平和なんかじゃありません。
命の差別をしているのですから・・・。
ゆうたん URL|Re: NoTitle
#- 2010.05.17 Mon22:57
ノンママさんこそ、コメントをありがとう^^

いろいろと考えるんですけど、人間ってやっぱり総じて他の動物に対しても尊大ですよね。
今でこそ、ヨーロッパ圏の人々は鳥獣の保護などもしているけど、
かつては黒猫を魔女の使いとして惨殺していましたしね。日本だけじゃないんだって思います。でも日本は最悪ですね。
熊が出た!と言えば猟友会が銃を持って追い回すし、なんと言っても人間以外の動物は「器物扱い」ですからねぇ。
考えれば考えるほどへこむんです^^;

最近は、マスメディアが犬や猫の殺処分などを取り上げてくれて、ちょっと期待していたのに、今回の報道はそれとまったく反する姿勢で、何だかとても残念だったんです。
もっといろんな角度からこの問題を取り上げてくれないと本当に困るんだよ!って思っていますし、こうやって記事にして声をあげていかないといけませんよね。


comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
☆彡My Profile

ゆうたん@

Author:ゆうたん@
同居猫メインクーンの「おたま」をこよなく愛する会社員。
週末、街の猫さんの写真を撮って歩いています^^
☆彡街猫写真blog
「陽の光 街の灯り 猫の瞳」

※当BLOG内の写真・文章の無断使用&転載は固くお断りします
-同居猫「おたま」について-
2歳になる直前の2007年11月23日に我が家の同居猫となる。
おたまの生い立ちと私との出会いについてはこちら。

☆彡Photo Exhibition
写真展詳細は画像をクリックして下さい。
☆彡おうちを探しているコたち
☆彡Link
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR