猫は野生を忘れない(+お知らせ)

ベランダのハゴロモジャスミンが咲いた♪
20100508_blog1.jpg

また、猫にとってよろしくない花なのだが、おたまが外に出ている時は監視付き、
更に花が落ちていたら必ず回収。落ちそうな花も早めに回収するようにしている。

20100508_blog2.jpg
おたまは今日もキャットタワーの頂上から周囲を監視中

ちなみに彼女が居る高さは
20100508_blog3.jpg
こんな感じ^^;
このキャットタワーの全高が192cmだと買う時の説明に書いてあった^^;

タワーに上る時のおたまの身のこなしはさすが猫という感じで
頂上から見渡すおたまの表情はまさに「自分がこのテリトリーの主よ」
という顔をしている。
20100508_blog4.jpg


私はもともと仔猫よりもオトナ猫が好きで、
もちろん仔猫も大好きだし、本当にかわいらしいと思うのだけど、
猫には「かわいらしさ」より「美しさ」に惹かれるところが大きい。

猫の身体は背骨の数が人間よりも多くしなりやすくできていることや
筋肉のつき方やその他狩猟に適した身体を備え、人間に飼われている
歴史が長くても、その構造は退化していない。
そして、狩猟本能も基本的にそんなに衰えていないと思う。

犬も猫もうさぎも、他の動物もOKな私だが、
猫に感じる魅力は他に無いものだと思っている。

20100508_blog5.jpg
なので、

20100508_blog6.jpg
こんな瞬間を見るとたまらなく嬉しくなってしまう自分なのだった^^;
(あぁ、明るいレンズがほし~~~~~!!!)


-------- 猫ともお茶ともまったく関係ありませんが ---------

15~10年ほど前まで、ダイビングと水中(海中)撮影にどっぷりとハマっていました。
その頃に作ったHPのことをずっと忘れていましたが、
最近になって「こんなものも作ったっけ」と思い出し、探しまくってみたら、
まだ残っていました。
なぜかサーバーはinfoseekに移動していましたが^^;

一時期大好きでハナダイというキレイな魚を中心に撮影していました。
よろしければ、ぜひごらんになって下さい。

ちなみにこの時代はデジカメではなく、俗に銀塩と呼ばれるフィルムの一眼レフです。
フィルムは36枚までしか撮れず、失敗したかどうかは現像してみないと分かりませんでした。
今は本当に便利になりましたね^^

でも、私にはもうデジタル一眼ではこういう写真は撮れないと思っています。

http://bluecorner.hp.infoseek.co.jp/bali/bali_underwater.htm

感想など頂けるととても嬉しいです^^
スポンサーサイト

Tag:おたまのこと  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
☆彡My Profile

ゆうたん@

Author:ゆうたん@
同居猫メインクーンの「おたま」をこよなく愛する会社員。
週末、街の猫さんの写真を撮って歩いています^^
☆彡街猫写真blog
「陽の光 街の灯り 猫の瞳」

※当BLOG内の写真・文章の無断使用&転載は固くお断りします
-同居猫「おたま」について-
2歳になる直前の2007年11月23日に我が家の同居猫となる。
おたまの生い立ちと私との出会いについてはこちら。

☆彡Photo Exhibition
写真展詳細は画像をクリックして下さい。
☆彡おうちを探しているコたち
☆彡Link
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR