ワグちゃん無事でした(追記あり)

20110407_blog_s.jpg

犬さんのことですが、猫の写真しかないのでごめんなさい(汗)
3/15の記事の先頭に書かせて頂いた、
福島県大熊町、大野駅前にある「レストラン四季」
にいた黒のラブラドール、10歳、男の子、ワグちゃん。
リードに繋がれたままになっているので、
ご飯をあげてくれるか、リードをはずして下さいとお願いしておりました。

ワグちゃんがいたところは
福島第一原発から数キロのところのため、一般の方にはお願いできず、
飼い主のいとこにあたるKAZUさんが、必死で声をかけられるところにかけていらっしゃいました。
私も微力ながらお手伝いできないかと、ブログでお願いさせて頂きました。

数日後、現地を見に行って下さった方から
「ワグちゃんはいなかった」
とKAZUさんに連絡が入り(だれかがリードをはずしてくれた?)。

KAZUさんはガソリンの携行缶を用意して、現地に向かおうとしました。
その準備の途中、「ワグちゃん発見!」の第一報が入ったそうです

今、ワグちゃんは飼い主さんと一緒のところにいます。
飼い主さんも避難をしているし、こちらで住めるところを探しているので
まだ安心して一緒に住めるようになるにはもう少し時間がかかるかもしれませんが
でも、良かった。

私は「何事も諦めたらいけないんだ!」ということを
KAZUさんとワグちゃんにしっかりと教わりました。

まだ、きっと現地には飼い主さんにめぐりあえていない動物たちが
たくさんいると思います。

もう、これ以上1つだって命が失われてほしくない・・・。
そして、葉摘みサマがおっしゃっていた
「救われた命を嘆きたくない」

私は現地でお手伝いすることはできません。が、現地で頑張って下さる方を
自分なりに応援していこうと思っています。

コメントやメッセージを下さった皆様、本当にありがとうございました。

----- 4月8日追記 -----
ゆうべの大きな余震。皆様も驚かれたと思います。
私は自宅のリビングにいて、テレビの緊急地震速報を見ました(docomoなのに携帯は鳴らなかった)。
念のため、テーブルの下の空間を確保し、
例によって段ボールに入っていたおたまを箱ごと抱えた時…あの時を思い出させるような揺れが!
慌ててテーブルの下に隠れ、おたまが嫌がって逃げようとするのを押さえ込みました。
幸い、ウチに被害はありませんでしたが、
せっかく家に戻り、片付けをし、やり直そうとされている方々の心を折ってしまいそうな余震にやり場の無い怒りを覚えました。

皆様、ご無事でしょうか。
被害が無かったでしょうか。

1日も早く元の生活に戻れますように。
スポンサーサイト

Tag:いのちのこと 

☆彡My Profile

ゆうたん@

Author:ゆうたん@
同居猫メインクーンの「おたま」をこよなく愛する会社員。
週末、街の猫さんの写真を撮って歩いています^^
☆彡街猫写真blog
「陽の光 街の灯り 猫の瞳」

※当BLOG内の写真・文章の無断使用&転載は固くお断りします
-同居猫「おたま」について-
2歳になる直前の2007年11月23日に我が家の同居猫となる。
おたまの生い立ちと私との出会いについてはこちら。

☆彡Photo Exhibition
写真展詳細は画像をクリックして下さい。
☆彡おうちを探しているコたち
☆彡Link
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR