春のお茶会


今日は久しぶりにお茶の話題。と言ってもお茶らしい写真は1枚も無いし(笑)
大日本茶道学会の春のお茶会でした。
9時前に都内の某寺院に到着すると(隠す必要も無いんですけど)、ちょっといつもと雰囲気が違う。
写真のようなチベットのお坊さんが歩いていました。
どうもイベント(チベットフェスティバル)の前の準備かなにかで来ていたみたい。なかなかこういう場面に遭遇できないからちょっと嬉しかったです^^

20130429_blog2_i.jpg
ここは階段の脇に咲き誇るツツジがほんとに見事です^^

20130429_blog3_i.jpg
「また、留守番だったにゃ(=▼▼=)」
結局3連休、なんだかんだと全部出かけちゃったもんね^^;

ごめんねー^^; 後半の連休はウチにいる時間を増やそう。

☆彡街猫ブログ「陽の光 街の灯り 猫の瞳」もよろしくお願いします^^

↓気に入って頂けたらポチっとよろしくお願いします^^
ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

Tag:お茶のこと  comment:0 

明日は本部稽古


明日は本部でのお茶の稽古
頑張って早起きして着物を着てでかけます。
テーマは「茶杓飾り」の濃茶・薄茶
そういえば、最近飾りものの稽古なんてずいぶんやっていない。
基本にかえれということかな。

なので、おたま、大事な本を座布団がわりにしないで下さい(--;

☆彡参加しまっす^^
-----------------------------------------------------------------------------
はまっこ写真クラブ 第5回写真展「トウキョウトゥディ」
2013年3月13日から18日 10:00~20:30(初日は12:00~、最終日は17:30まで)
場所:大倉山記念館 http://o-kurayama.com/
-----------------------------------------------------------------------------

☆彡街猫ブログ「陽の光 街の灯り 猫の瞳」もよろしくお願いします^^

↓気に入って頂けたらポチっとよろしくお願いします^^
ブログランキング
テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

Tag:お茶のこと  comment:0 

茶室開き

ひさしぶりに茶道に関する記事のアップです。
本年7月に、王子の茶室を使わせて頂いておりました、恩人の先生が亡くなりました。
それとともに、私の実家でも引越しがございまして、
新しい家に茶室を作りました。元は和室ではなく完全な洋間でしたので、リフォームを実施。
7月いっぱいでお世話になった王子の茶室より引き上げ。
本日、社中の方をお招きし、茶室開きと相成りました。


左が私、右が師匠である母です。この写真は私のカメラをお渡しし撮影していただきました。

20110827_blog1s.jpg
本日は鶴屋吉信の初秋のお菓子を頂きました。

20110827_blog3s.jpg
花は底紅のむくげ。花入れは3代「池田瓢阿」氏の息子さんである池田泰輔氏作ひさごの花入れ。

20110827_blog4s.jpg
本日のお軸は禅語の「鑊湯無冷処」(かくとうれいしょなし)
グラグラと煮えたぎっているお湯に冷たい箇所はどこにもない。すなわち何事をするにしても、生き生きとした正念――雑念妄想ではないことを相続していく、何事であれ、その事に純一、一生懸命であれというものです。

洋間をあまりお金をかけずにリフォームしましたが、それだけに師匠のアイデアがたくさん詰まったユニーク、でも、茶道の基本をきっちりと押さえた良い茶室になったと思います。

東京都西東京市東伏見の教場です。
茶道にご興味のある方、茶道教室をお探しの方、ぜひ見学にいらして下さいね^^
(私は師匠の助手です^^)

一葦庵(いちいあん)

※環境省へのパブリックコメント募集(前半)が締め切られました。
 今回はたくさんの方が動物取扱業の規制見直しを求めたメッセージを送られたようですね。
 後半は「虐待の防止」や「動物実験」などの内容がポイントとなりそうです。
 後半は10月頃のようです。みなさんの声をまた環境省に送りましょう!



↓気に入って頂けたらポチっとよろしくお願いします^^
ブログランキング

テーマ : 茶道
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:お茶のこと  comment:4 

早春の稽古

20110221_blog22s.jpg
ひさしぶりにお茶の稽古に関する記事です。
何かあったわけではないのですが、
久しぶりにお軸の写真を撮りました。

上の写真は広間に掛けられていたものです
「春の夜の月にホホえむ梅の花 にほ比(におい)も空もおぼろなりけり」
大徳寺435世 大綱和尚です。

梅の花の香りが春の夜に漂う空気が感じられそうな^^

そして小間には、ほんものの梅の花が掛けられていました^^。
20110220_blog23.jpg
椿と梅の枝を差した花入れを古ふくさで包み、帯締めで結ぶというちょっとした
アレンジがいいなと・・・。
私もこのような見立てやアレンジができたらいいな。

お軸の内容は。
「願わくは葦の下にて春死なむ。
 その如月のもち月のころ」
西行法師の句で、生前に花そして月という美しいものへの憧れを詠んだものだそうです。
法師が亡くなったのは旧暦の2月16日。その年は16日が満月で、
当時の人々は詠んだ句のとおりになったと驚いた・・・と言われています。

今日は2人しか稽古する人がいなくて、
ちょっと寂しかったな。
春に向かっているこの季節、炉ならではの点前をしようということで
「八炉」の稽古をしています。
結構頭使いますよ~。
お茶をやっていると、そうそうボケていられないな・・・と思います^^。
テーマ : 茶道
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:お茶のこと  comment:2 

うずみ豆腐


25日は当社中の今年の稽古納めでした。
20101226_blog1s.jpg
お軸には「夢」の文字。
仙樵前会長の花押の風炉先屏風。
山里棚に朱色の丸棗、糸巻きの形の蓋置きというしつらえでした。

20101226_blog3s.jpg
糸巻きの蓋置きは、冬だけでなく七夕の頃にも使われます^^

当社中の稽古納めの日は皆さん一緒に集まり、
薄茶、濃茶をお互いに点てて頂き
その後、師匠が用意した「うずみ豆腐」を頂きます。

20101226_blog4s.jpg
うずみ豆腐は、流派や料理の本などによって少々異なりますが、
椀にお豆腐を置き、その上にご飯を盛って
上から出汁汁や白味噌仕立てのお汁をかけて
サラサラと頂きます。
「うずみ」というのは、豆腐がご飯にうずもれている様を表しています。
本によってはご飯だったり、おかゆだったりします。

ウチは、昔から木綿豆腐を重しをして水を切り
出汁で一度炊いておきます。
更にタラを出汁で炊いておき、
お客様にお出しする直前に、豆腐とタラを椀に置き
その上にご飯を盛り、出汁をかけて最後に刻んだ柚子の皮を置きます。

母に言わせると、私のご飯の盛り方は「多すぎる」らしいです^^;

写真は半月盆に向付の代わりのサーモンとほうれん草の胡麻和え
そしてうずみ豆腐を乗せてお出ししたものです。

20101226_blog5s.jpg
更に今回は社中のFさんがさつまいもの煮物を差し入れて下さったので
強肴(しいざかな)でお出ししました。

おいしかったな~♪

毎年これを頂くと、やっと少し「年末」を意識できるようになります。
今年も無事に稽古が納められてひと安心。

初釜まで、しばしお茶の稽古はお休みです^^

~おまけ~
20101226_blog6s.jpg
茶室の近くにいた猫さんです♪
しゃがみこんだら、向こうもやってきて足元に「まるっ」としていました♪
このあたりはお世話してくれる人がいるので、
まだちょっと安心ですが、
頑張って冬を乗り切ってほしいな~。
テーマ : 茶道
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:お茶のこと  Trackback:0 comment:4 

☆彡My Profile

ゆうたん@

Author:ゆうたん@
同居猫メインクーンの「おたま」をこよなく愛する会社員。
週末、街の猫さんの写真を撮って歩いています^^
☆彡街猫写真blog
「陽の光 街の灯り 猫の瞳」

※当BLOG内の写真・文章の無断使用&転載は固くお断りします
-同居猫「おたま」について-
2歳になる直前の2007年11月23日に我が家の同居猫となる。
おたまの生い立ちと私との出会いについてはこちら。

☆彡Photo Exhibition
写真展詳細は画像をクリックして下さい。
☆彡おうちを探しているコたち
☆彡Link
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR