はい、うちも猫の日


IMGP1681.jpg

だからっつって、何かしたわけでもないのですが、
それでも、しつこく、何かの記念日を迎えるたびに
おたまの姿を写真に残せるシアワセを
しっかり噛みしめているわけです💛

今週火曜日から、参加しております「東京猫色」が
20日から池袋WACCAで開催される「池袋キャッツフェスタ」に
「東京猫色写真展」
として参加しております


WACCA池袋2F及び4Fギャラリースペースに
A3ノビで28枚を展示。
昨年に続き猫のポートレイト写真も展示しています。

参加メンバー
池口正和、新谷祐樹、小滝卓央、やすえひでのり、河井蓬、青木干城
深川裕子、島田尚恵、やおちあき、さとうゆみ
allcatlove2018_tp06.jpg

今週末は東京マラソンもありますが、応援にお出かけついでにぜひ池袋までお越し下さい^^
ぜひぜひ、よろしくお願いします^^


☆彡街猫ブログ「陽の光 街の灯り 猫の瞳」もよろしくお願いします^^



スポンサーサイト
テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

Tag:おたまのこと  comment:0 

母来る

20180204_01.jpg
昨日の夕方、実家の母が来た
おたまも何回も会っているので特に大きな関心も示さず
でも、
IMGP1410_s.jpg
これは何にゃ?
おたま、これは、おっかさんの足ですよ
IMGP1419_s.jpg
いつも見ているのよりちっさいにゃ
・・・ええ、アタシの足はでかいからね^^;
IMGP1412_s.jpg
つまんないから、TV見よ

母はおたまを猫可愛がりもしないので、
傍に居てもうるさくないらしいです。
(でも家に着くと「おたま~」と呼ぶwww)

おたまにとっては、母が意外と一緒に居て一番ラクな相手なのかも。。。


☆彡街猫ブログ「陽の光 街の灯り 猫の瞳」もよろしくお願いします^^

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

Tag:おたまのこと  comment:0 

被りもの


IMGP0751.jpg
かぶりものは嫌いなので、めったに何か着せたり乗せたりしないのですが、
ひさびさにちょっとやってみました
やっぱり不機嫌になりましたwww

今日も寒いです なのにそれでも布団に入らないおたまです


☆彡街猫ブログ「陽の光 街の灯り 猫の瞳」もよろしくお願いします^^
テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

Tag:おたまのこと  comment:0 

昔の写真を発掘しました


IMGP0589.jpg
いやはや、とにかくここ数日めっちゃ寒い。
いつもの年なら、1月でも昼で天気が良ければちょっとくらい
ベランダに出しても良いかなぁと思うのだけど
ここのところの寒さはシャレになりません。
今日、猫写に行くために身体が重くなるくらい着こみました。
おたまもベランダでなくて、キャットタワーから外を眺めて頂くことにしました。

話変わりますが、おたまがウチに来た頃の写真データがほとんどありません。
今ほどカメラで写真をしっかり撮っていなかったこともありますし、
おそらくそのデータを落としたパソコンがほぼ死んでいるというのもあって
もう昔の写真は諦めた・・・と思っていたら、
過去のメールに写真が残っていました!
昨日、そのことに気付き、20枚ほどのデータを救済しました。
20枚ほどありましたが、まぁ手ブレとかひどいもんで(;^_^A
1枚ブログに載せられそうなのがありましたので、良かったら見てやってください。
おたまの両耳がちゃんと立っています。
2008年の1月5日。おたまが家に来たのが2007年の11月22日ですから、
2か月経っていなかったころです。懐かしいわ~。
20080105_01_s.jpg

☆彡街猫ブログ「陽の光 街の灯り 猫の瞳」もよろしくお願いします^^
テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

Tag:おたまのこと  comment:0 

あれから1年


IMGP0351.jpg

JARMeC(日本動物高度医療センター)におたまを連れて行き、
診断を受けた日から今日で丸1年になりました。

ここから先は、1年前のことを書きます。
とても長いし「癌」という言葉も出てきます。
治療中のことなどを思い出したく無い方もいらっしゃるかと思いますので
少し開けます。差し支えなければお読み下さい。








----------------
あの数日のことは忘れることができません
昨年は1月5日に会社をお休みして、おたまをかかりつけの病院に連れていきました。
極端な食欲不振が何としても解消しなかったからです。
レントゲンとエコーの結果が出た頃、先生から携帯に「すぐに病院に来てください」との電話
普段の先生とは違う調子の声で嫌な予感がしながらも病院へ急行
先生が見せてくれたレントゲンの写真は腹部全体が真っ白になっていました
エコーでは腹水が見られ、白血球値は普段の10倍
明らかに腹部に異常な炎症が発生していることが分かりました
一番考えられるのは消化器系リンパ腫
それでも先生からはたとえリンパ腫であっても
抗がん剤治療という手も打てるから、大丈夫だから・・・と力づけられ
まずはバイオプシーなどもできる高度医療センターでの受診となりました

近くの日本獣医生命科学大学は予約が月末近くまで取れず
二子玉川のJARMeCで7日に予約を取って頂き、連れて行きました

検査結果を待つこと2時間
名前を呼ばれた時、私の手は冷たくなっていました。本当に怖かったのです。
先生から聞いた結果は想像以上に厳しい内容でした

・再度エコーをかけたが、たしかに腹水が認められ、腹水を採取し検査
・結果、腹水内に癌細胞が認められた
・腹膜をエコーで確認したところ病巣が認められる
・開腹はしていないがすでに腹膜に癌が広がっているだろう(腹膜播種)
・この状態では原発巣を探すことは難しいし、開腹することは今のおたまの
 体力からすると勧められない
 (元々、こちらからも可能な限り開腹はしないでほしいと依頼済)
・癌はリンパ腫ではなく上皮癌。そのため抗がん剤治療での効果は期待できない

上記理由から、JARMeCの先生からはこのまま緩和ケアをしながら看取ることを勧められました。

あまりの内容に頭から血が引くのを感じながらも
「このまま緩和ケアを続けた場合、どれくらい生きられますか?」
と尋ねたところ、先生は一瞬目を瞑りました

「どんなに状態が良くても半年・・・ですが、このコの今の状態(低蛋白血症を起していました)では・・・」

そのまま呆然としながら会計を終え、おたまを車に乗せて帰りました。
涙も出ませんでした。

打てる手が無い・・・というのが一番ショックでしたが
まずはかかりつけの先生のところに報告に。もちろん、JARMeCからも連絡は行くのですが
今後の相談もしなくてはと考えたからです。

M先生もリンパ腫では無いという結果にショックを受けていたようです
今後の緩和ケアについてはしっかり考えましょう・・・と話し合い、まずはその日家に帰りました。
ちなみにこの時に先生から渡されたサプリメントがありますが、これは今でも飲ませています。

その日の夜、おたまの実家(Cattery Cavallino)のdinoさんに報告の電話を入れました。
dinoさんは話を聞いてくれた後
「ゆうたんが納得しているならそれでいいけど、そうじゃないならもう少しできる治療法を探してみてもいいんじゃないかなぁ」
と言ってくれました。
治ることが期待できなくても良い、おたまに苦しいつらい思いをさせない範囲での治療があるのであればそれをしてみても良いのではないかと。
もう一度、かかりつけの先生と話し合ってみたら?と背中を押され
8日にもう一度病院に赴きました。
先生に「おたまに大きな負担を掛けることのない範囲でできる治療があればしてみたい」と申し出たところ
先生からは躊躇することなく「それならばやってみましょう!」と力強い言葉を頂きました。
提案されたのはやはり抗がん剤治療。たしかに上皮癌への効奏率は低い。でも、猫は抗がん剤治療への耐性があり
薬剤と量を選ぶことによって負担を掛けることなく、一種の緩和ケアとしても対応できる・・・ということでした。
選択した薬剤はシクロフォスファミドとドキソルビシンでしたが、最終的にはドキソルビシンのみを使うことになりました。
治療開始は9日。

その後の経過はブログに書いたとおりです。

おたまの病気のことは、一部の方や実際に会えた人にだけ伝えましたが
伝えた方、そして癌だと伝えていない方からも、病状を心配し、おたまを励ますたくさんの言葉を頂きました。
癌についての情報、治療法、サプリメントを送って下さった方もいらっしゃいます。
私にも温かな気持ちを送って頂きました。なんという幸せな猫と同居人でしょう。

その想いが伝わってか、1年経過した今、おたまは食欲を取り戻し、今もしっかりと生きています。

今日は動物病院のM先生にもご挨拶に行って参りました。受付にはM先生の奥様もいらして
お二人ともとても喜んで下さいました。
M先生は「これからも頑張りましょう!」とおっしゃってくれました。

これが終わりではありません。再発の可能性は決して小さくはありません。
でも、再発させない!絶対にさせないんだ!という気持ちで、おたまのお世話をこれからも続けていこうと思います。
サプリメントも補液もこれから何年かかってでも続けていくつもりです。

今日はひとつの区切りということで書かせて頂きました。
ここまで読んで下さった方、心より御礼申し上げます。





☆彡街猫ブログ「陽の光 街の灯り 猫の瞳」もよろしくお願いします^^

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

Tag:おたまのこと  comment:2 

☆彡My Profile

ゆうたん@

Author:ゆうたん@
同居猫メインクーンの「おたま」をこよなく愛する会社員。
週末、街の猫さんの写真を撮って歩いています^^
☆彡街猫写真blog
「陽の光 街の灯り 猫の瞳」

※当BLOG内の写真・文章の無断使用&転載は固くお断りします
-同居猫「おたま」について-
2歳になる直前の2007年11月23日に我が家の同居猫となる。
おたまの生い立ちと私との出会いについてはこちら。

☆彡Photo Exhibition
写真展詳細は画像をクリックして下さい。
☆彡おうちを探しているコたち
☆彡Link
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR